モデルハウス

(株)森の四季社

自然素材とデザインが
ハーモニーを奏でる家

森の四季社のハウジングギャラリー

富山市下大久保1107-1  工法:木造在来軸組工法

森の四季社内観03

2017年4月、「緑の森建築工房」から社名変更した「森の四季社」。富山市下大久保に建つモデルハウス兼オフィスは、ドアを開けた途端ふわっと森の香りが漂い、窓からは田園風景と立山連峰が見渡せる。
木の家というと、和に偏ったり、極端なログハウスを連想しがちだが、森の指揮者(マエストロ)こと、代表の高田氏が設計する家は、そのどちらでもないフェミニンな優しさにあふれている。
床や腰板、天井などに、触り心地が良く、湿気を調整し、またストレスを和らげてくれるという無垢を使いながら、素材の良さだけに頼り過ぎず、そこに丁寧な仕事やデザイン性を加えていくのが、マエストロ流。たとえば、無垢材に一度白い自然塗料を塗って、布で拭き取る薄化粧を施したり、柱の面取りをしたり、梁にあえてグレーのクロスを貼ったり、という具合だ。実際、それらの工夫が功を奏し、他にはない手づくりの温かみとしゃれた雰囲気を醸しだしている。
空間設計で特徴的なのは、真四角をなるべく避けていること。玄関は五角形。そのちょっとした工夫が圧迫感をなくし、裏側に収納スペースを生んでいたりする。リビングのソファに座り、吹き抜け天井を見上げると、やはりなだらかな五角形。トイレの壁も一部を少し外側に広げることで、随分と動きやすくなる。何事も四角張っているより、ハーモニーが大切、とこの家は教えてくれているようだ。

仕様

敷地面積 / 1.881.11㎡(569.04坪)
延床面積 / 101.01㎡(30.55坪)
1階面積 / 65.15㎡(19.66坪)
2階面積 / 35.86㎡(10.85坪)
竣工年月 / 平成29年8月
工法 / 木造在来軸組工法
基礎 / ベタ基礎
断熱材 / ロックウール
屋根材 / 洋瓦
外装材 / 無塗装サイディング、スタッコ吹付け
内装材 / クロス貼り、一部パイン腰板、天井無垢パネル
床材 / 床暖房対応 無垢フローリング(メイプル)
開口部 / アルミ樹脂複合サッシ
キッチン / WOODONE
洗面 / オリジナル造作
トイレ / LIXIL
その他 / ヒートポンプ式床暖房、ペレットストーブ

地図

間取り図

森の四季社モデルハウス間取り

工務店からのメッセージ

代表取締役社長 高田 勉さん

住まいは、家族の時間、友人との時間を優しく包み込む、かけがえのない場所です。お客さまの思いや夢にじっくり耳を傾け、人生がより充実する家をお造りします。

森の四季社担当者

(株)森の四季社

一般建設業/県知事(特‐27)第15811号
一級建築士事務所登録/県知事登録第(1)2066号

Tel.076-468-3735

〒939-2251 富山市下大久保1107-1